実現したいこと

私たちの「これから」にお金を使いたい。
まず、命を守るための防災と医療福祉
そして、より良い未来を創るための教育
さらに、安全な暮らしが持続できる環境と経済活動
誰もが安心して思いっきり人生を楽しめる国にしたい。

変化する社会情勢に合わせて随時更新中!

新型コロナ感染症・経済対策

緊急事態宣言や蔓延防止策の効果、対策の根拠や獲得すべき目標などは依然として示されていません。私たちがルールを守り、苦しんできたことが、本当に実を結んだのかもはっきり分かりません。

私は、対策の根拠や獲得すべき目標などを明確に示し、政治に対する不信感を払拭します。

・情報をオープンにして何が必要かをみんなでしっかり考える環境づくり

・誰でも必要な医療が受けられる体制の充実

・ワクチンと治療薬の国内開発生産を推進

・地域に根付いた中小企業の支援や働いている層に支援できる仕組みづくり

防災・減災

首都直下型地震は今後30年以内に70%以上の確率で起こると言われていますが、避難所の運営は各地域の自主防災組織に丸投げされ、任されている自主防災組織は高齢化一直線を辿っています。

また、政令指定都市の約40%が、災害が発生した際の自宅療養者の避難対策が不明確。これでは、高齢者や子どもたち、家族を、大震災などの災害時から守ることができません。

私は、これまでの民生委員の経験を生かし、各地域に災害専門チームを設置します。いざというときには即時対応できる仕組みをつくります。

・避難行動要支援者への避難支援の充実

・災害時のトイレ不足解消への支援(非常用トイレの普及・啓蒙啓発)

​・各地域へ災害専門チームの設置

児童虐待撲滅

コロナ禍のステイホーム習慣やテレワークなどで今までの生活バランスが崩れ、ストレスが溜まり喧嘩や暴力が増えています。

令和2年度の児童虐待相談対応件数は前年度より約1万1000件増え過去最多です。私は地域と警察や関連機関との連携をもっと強化してまいります。

悲惨な事件が起こる前に、子どもたちが安心安全に暮らせる社会に向けて前進させます。

・経験値の高い職員の配置(育成と教育)

・虐待情報を警察と共有し、有事が起こる前に必ず解決する仕組みづくり

・親子の孤立を防ぐ仕組みづくり

人材育成・教育

・コロナ禍や貧困問題での教育格差をなくす

・個人の得意分野を伸ばせる教育

その他

・消費税減税

​・教育費無償化

​・ネット投票早期実現

​・若者の政治参加推進(政治家・民生委員・自治会など地域リーダー若返り)

・支援を必要としない仕組みづくり(生活困窮者の自立支援)

・子どもの交通安全(ペダルなし二輪の危険走行禁止)

・無駄な事業の見直し

・地域活動家への行政への甘えをなくす(無償が当たり前の意識改革)

・公共施設の有効活用(利用制限の緩和)

・ラストワンマイル移動支援の早期実現(スマートシティ/DX)

#ことづて