プロフィール

佐藤真実(さとうまなみ)

グラフィックデザイナー

民生委員 / 防災士 / さいたま市防災アドバイザー

1983年生まれ 千葉県出身

2002年 京都嵯峨芸術大学(現:京都嵯峨美術大学)に進学。大学では観光地や商店街など地域活性化のためのデザインを専攻、大学卒業後は大手アミューズメント会社勤務

2008年 結婚を機に埼玉県さいたま市へ

2013年〜 商業施設運営企業の販促部門から独立し、現在は企業・行政・個人・団体・地域問わず様々な販促や広報物の制作企画などの事業に従事500件以上の制作実績

2016年  民生委員児童委員を受嘱

2018年  防災士として認証される

2021年  第49回衆議院議員選挙に埼玉1区から無所属で立候補し、1万1,540票獲得

2022年  さいたま市防災アドバイザーとして認証される

​地域防災活動や子どもや高齢者の見守り活動に積極参加

​企画:シカテ一畳マーケット別所沼公園BOUSAI PICNICなど

趣味/好きなこと:珈琲·料理·音楽·猫·八重山の海·絵を描く

​今までの事業実績はこちら

satomanami-2.jpg
18623604_1933607846923072_1480482035685383589_o.jpg
rectangle_large_type_2_60d6bba45c5e30d097406a0af2a546ae.jpg
rectangle_large_type_2_b9227e70d94c026ea5e398ed344c7042.jpg
picture_pc_b083d67bb653bab12eae45d595d7c458.jpg

私の想い

私は東日本大震災をきっかけに、身近な地域社会に関心を持ちました。

それから約10年間、浦和を拠点としながら、地域コミュニティの形成や居場所づくり、

高齢者や子どもたちの見守り、防災活動など、さまざまなことに取り組んできました。

7年前、32歳の時から民生委員を務め、防災士の資格も取得しました。

真剣に身の回りの社会課題に向き合っていると、度々なんとも言えない違和感に遭遇する場面がありました。

「本来であれば、真っ先に地域のことに向き合わなければいけない人たちが、

問題の本質から逃げ、対話を避け、まったく機能していない」

「地域のために一生懸命頑張っている人たちが報われない仕組みになっている」

きっとこれは私たちの地域だけではなく、日本全体の政治・行政に共通していることなのだと思います。

 

そんな地域に、そんな日本に、希望が持てますか?

私は持つことができません。

 

そのことに気づいている人は、決して私だけではないと感じています。

地域活動を通して目にしてきた様々な問題を、少しでも解決したいと考えています。

皆様の力を、私に貸してください。

​どうぞよろしくお願いいたします。

たのしい地域をつくる会 
佐藤まなみ